思考の先・・・


どんな状況でも冷静に自分と相手・状況を把握し分析する。
経営者として最も重要な能力だと思います。
数字の目的→予算化→数字と実態の擦り合わせ→手段の選択→実態の分析→目標達成。
感情を入れず、ただ客観的に判断することを心掛けて。
感情の起伏があるというのは、経営者としてはマイナス点。
頭はクールにハートは熱く。
意識することが大切。

思考を働かせて戦略を立てること。
思考の先を見るような感覚で状況把握ができると戦略が脳に焼き付いて、やるべき行動が明確になります。
「孫子の兵法書」を様々な角度から見てみると、より理解が深まるのは面白いです。
今も昔も変わらぬ王道。
徹底的に自らを鍛え抜きます。