無駄の中に・・・


まだ、会計ソフトが出回っていない時代、各企業は手書きで帳簿をつけていたため、税理士事務所も記帳代行業務として考えると、基本が理解できていないと処理ができなかった。

今に比べると作業が多かったが、それだけ幅広く深く仕事をこなしていたため、所員の作業スピードもあり、スキルも高かった。

会計ソフトを各企業が導入することにより、記帳代行の作業が圧倒的に減ったのですが、現在の所員は、狭く浅くそして理解力が乏しくスピードに欠ける状態になっているのではないでしょうか?

もちろんその人の資質の問題もありますが。

無駄だと思っていても、それをこなすだけの深い理解力とスピードを基礎にしていれば、便利なシステムが入ってきた時に、上手く活用できるものです。

便利なものに慣れた者は、そこに依存し実力を上げるためのトレーニングをしない。

本当の意味で無駄とわかるためには「頼まれごとは試されごと」という精神性で謙虚に一生懸命に取り組む姿勢が求められます。

弊社においても、ここが課題です。

情緒的価値を作り出すためには、苦労を自力で乗り越えるビジネスマインドを持つこと。

「楽しくなければ辞める」というのであれば辞めたらいい。

保険コンサルティング会社としてのチーム作りに、そういうサークル的発想の超アマチュアは、必要ないからです。

私の考え方をいかに浸透させ、ブランドにしていくか?

私の課題です。

無駄なんかない。

まずやること!

チャレンジすること。

現実を受け止めること。

改善し前に進ませること。

常に目標に焦点を合わせること。

人生一度きり!

やりますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)