情緒的価値!


顧客が情緒的価値を感じること。
これは企業・パーソナル・サービスのブランドを考える上で、必須項目だと考えます。
いくら機能的価値や経済的価値を高めても、顧客をグリップする最大の武器にはなりえず、単なる枝葉にすぎないのではないでしょうか?

社員の査定を考えてみても、一番重要なのは「愛社心」。
ここがなくて仕事ができる者は、いつか謀反を起こす。
社員が会社を選ぶという見方もあるでしょうが、会社(経営者)が社員を選ぶのが王道。

この基本的な考え方が理解出来る社員が、先を読んだ志事ができる!

「好き」と「愛社心」は別物。
「好き」は依存、「愛社心」は自発的に結果に結びつける。

この思いが「他のために」という精神を養い、新たなサービスを生み出す原動力になる。

情緒が失われる中、情緒が際立ち「識別される大きな要因」となる。

富の構築!=情緒的価値で繋がった人的ネットワーク。

未来のビジネスモデルの重要なキーになることは間違いないでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)