希少車と量販車!


ある方の影響でここ最近はBMWを乗り継いでいます。
なにが良いのかは表現に困るのですが「すべての車種がBMW」というところが一番ですかね。
これ、すごいことだと思うんです。
1.2.3.4.5.6.7.X1.X3.X5.X6.Mシリーズ.アルピナ
それぞれにBMWの乗り味を感じることができる。
ブランディングそのものですよ!
ブランドを感じさせる企業努力って・・・。
中小企業だろうが開業医だろうが、ここは経営の基本になるところではないでしょうか?

その中でも最近、注目しているのが「アルピナ」。
BMWでもアルピナ以外は基本量販車。
製造コストをかけ、製造台数に制限をし、洗練したマイスターにより車を仕上げる。
よって納期は8ヶ月〜1年が当たり前。
値引きはありません。
そのような希少車なので、一度手に入れると「長期所有」は当たり前。
「所有している・走らせる歓び」を味わう。
その価値は売却時にも差が歴然と・・・!
製造・ブランドのこだわりは、オーナーにとって長期にわたって「精神的・経済的価値」を維持できる「資産」になっているように思います。

我々のビジネスも同じではないでしょうか?
量販車のようなビジネス。
洗練されたマイスターにより最高の車を仕上げオーナーに長期にわたりその価値を感じて頂けるビジネス。
まさにコンサルティング業はアルピナのような希少性をクライアントに感じて頂けることが重要ではないかと。
日々、改善です。
顧客の利益に徹底的にこだわって進化させていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)