「欲」そして「ブランディング」


ビジネスの力は「欲」が源になるのではないか?
そう考えるようになって益々、志事に対する姿勢やモチベーションが掛かりまくっています。

数字が人格であること。

経営者であれば常識です。
数字=顧客との価値の交換値
価値の交換とは、「自社が顧客の問題解決をした結果、顧客支払う対価(お金)」
そう考えると保険業はどハマりのビジネスなんですよね。

経営者や同業者にブランディングの話をすることが多いですが、何も特別なことではなく極々当たり前のこと。
ターゲットになる顧客が自社を識別するには何をすべきか?
ここに大手は多額の資金を投じてブランドを構築していくのです。

何が得意な企業なのか?
それによって集まるターゲットは変わります。
ブランディングの基本は、

「一貫性」「意図的」「継続性」

「経営者」に識別される企業に旺信も変革してきました。
これからは「再認の数」「B to B戦略」がキーです。
常に改善、常に進化。
躍動的にいきますよ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)