7:3のコミュニケーション


聞く7:3話す
聞くことでクライアントが問題にしている根っこの問題へと辿ることが出来る。
一方的な正論めいたコミュニケーションでは理解度が薄く、難しい話になってしまう。
よって、ヒアリング能力が「問題解決力」や「納得度」「安心感」の向上に結びつく。
ロープレばかりやっているロボット営業マンは、このヒアリングが苦手。
いくら研修に言っても、顧客から「信頼」されない限り、セールストークにいかないのだ。

良い話をする人よりも、話を聞いてくれる人に信頼を寄せるのが人の常。
意識することで改善できることであり、コンサルティング業に携わる者の必須能力であろう。
私も肝に銘じて日々取り組んでいこう!