適度な緊張感!


「Yes But」又は「Yes and」でコミュニケーションをとることを意識する。
これは顧客の真意をつかむ意味でも重要なポイント。
営業マン・コンサルタント・ブランドマネージャーであれば当たり前のスキルであり、これができていなかったら顧客は嫌悪感しか残らない。
いきなりButで返すなど最悪。
そういうコミュニケーションをとるビジネスマンは、顧客がマイナス面のシグナルを発信していても、受け取ることはできないでしょう。
これは得てして「馴れ合い」になり緊張感がない状態が作り出すもの・・・。
ビジネスパートナーに対して又は自分が買い手になった時にこんな人間関係だと最悪。
よって、緊張感のある人間関係は重要なポイントだと思います。
ストレスのかからない環境づくりは、ビジネス活動していく上では必須。
これからは、意識して人間関係を構築していきたいと思います。