車の話をしようか?


私が好きな自動車メーカーは、「BMW」「レクサス」「アウディ」である。
BMWは、同業の社長からの影響で、かなりハマっている。
私にとって車はロマンであり、ステータスである。
自分の志事の質の向上には欠かせないツールである。
車負けしない、コンサルタントとして努力することが気持ち良いし、コンサルタントの地位の向上になると信じている。

1流のメーカーほど、売り込みをしないし、顧客の話をよく聞く。
我々のビジネスと共通するところがあるのだが、この辺が高額所得者が好む雰囲気でもある。
その雰囲気を持ち込んだまま、現場に生かすようにしている。
担当者との情報交換では、どんな業界でそしてどんな経営者が利益を上げているかのかがわかるし、他のメーカーに行こうという気になれない。
これからも車が進化して行く過程を楽しみながら、いろいろと触れていきたいと思う。