責任の重さが・・・


収入を増やしたい。
しかし、プライベートも大切にしたい。
この条件を満たしてくれる企業を探そう!
こういう自分都合の選択をする社員の末路は厳しい現実が待っていることでしょう。

「お金」「時間」「マインド」をどれだけ志事に費やしたか?でビジネスマンとしてのクオリティーは決まる。
志事に時間を費やさずプライベートを優先してお金だけ得られる?
あり得ないでしょう(笑)

収入は、取った責任の重さと比例する。
よって責任のある志事をしなければ大きな収入を得られないということ。
顧客任せ、環境任せの無責任社員は経営者から見ると少額の収入でも高く払っているように思う。
ここは意識をすべきところ。
日本の労働力の低下は著しく悩ましいものである。
もう一度、しっかり議論して法改正をし結論を出すべきだと思います。
疲労が蓄積しているので明日の午前中に志事を終えてから、家でゆっくりしたいと思います。