誰と仕事をする?


今日、ある本を見ていたら次のフレーズが目についた。
「Aクラスの人はAクラスの人と仕事をしたがる。Bクラスの人は、Cクラスの人と仕事をしたがる」
更には、
G社では「自分より優れた人を採用しなさい」と常に言われる。
ただし、G社ではどんなに才能があってもコミュニケーションが下手だったり、あまりに偏屈で人の言うことを聞かないような人は採用されない。

コミュニケーションは、自分勝手な人間には難しい。
会議においても自分の要件だけで聞こうとしない。

組織とはチームである。Aクラスの比率が高い会社だと質の高いコミュニケーションの中から様々なアイディアが浮かんでくる。
楽しい→面白い仕事へと変わりその後の伸び率はすさまじいものだ。
会社のコンセプトに合った質の人材が集まっているのか?
私自身も様々な角度から見直し、変革し続けることが大切であると感じた。