計画を立てる意味


良いものが売れる・・・
昭和のバブル前はそれで良かった。
しかし今は違う。
良いものが必ずしも流通していないのが今の時代。
売り方が洗練されていると「まがい物」でも売れてしまう。
利権が絡むとさらに・・・。

売れる仕組み作りの中に「プラスに働くブランド価値」と「マイナスに働くブランド価値」について考えていくことが大切であると思います。
計画を立てるとは、リスクも含めて「見える化」していくこと。
スタートダッシュの足かせになるものを取り払って、より効率よくビジネスを進めていくため。
そしてプロジェクトチーム全員が同じ意識でブランドを育てていくこと。

スタートは事業計画。
備えあれば憂い無し。
基本中の基本です。
スピーディーに詰めていきたいと思います。

※今日は山下達郎さんの「希望という名の光」を聴きながらブログを書きました。
とても「感」を動かす素晴らしい曲でした(笑)