目的と手段


・利益コントロールされるビジネスは主軸に置けない。
・「いつまでに」「どれだけ(お金がいくら?)」作るべきか?
・自分の人生を細分化した時に「今」はどの時期なのか?

目的に向かっている手段でなければ、目的を果たすことはできない。
そこには妙なプライドや過去の経験などは微々たる要素であり何の足しにもならない。
過去の経験値に生きる者は過去がマックスであり今がマックス又はそれ以下。
「今」を新たに作り出せる人は、未来に向かって可能性は無限大。
そのためには、妙な感情は捨てて「目的」と「手段」を一致させること。

今回のコロナショックは過去のシステムが破壊される、またとないチャンス。
既存に満足していたライバルが落ちて行く中、突き抜けていける面白さがある。

末端からメーカーへポジションチェンジしていくこと・・・。

私はそのことしか考えていません。
メーカーの利益のために働いて都合よく利益調整されるのは御免です。
手段を絞り集中して成果に結びつけます。