流行らせる要素


商品がい良い。
価格が安い。
顧客サービスが良い。

これらがあればビジネスが流行ると勘違いしている経営者や営業マンが多い。
このような触れ込みで売り出している商品やサービスは山ほどある。
しかし売れない。
なぜ?

商品が良いのに?
価格は安いのに?
顧客サービスは良いのに?

全て売り手の勝手な妄想に過ぎない。
伝わらなければ何の意味も成さない。

腹を空かせまくっている群衆がいたら、そこに飲食店を出せば美味かろうがそうでなかろうが群がってくる。
これがマーケティングの肝。
さらに美味ければ継続的なファンになり口コミで紹介がつながっていく。
商品が良いとか価格が安いかの前に「ターゲットの客は腹が減っているのか?」がポイント。
どんな商品を流通させるにしても基本だと思う訳です。

そしてさらに重要なことが営業体験(ブランド体験)。
その体験が企業のファン作りには欠かせない。
言いくるめるロープレで固められた昭和式の営業話法や商品や知識に偏った営業手法が上手くいかないのは、、この営業体験がターゲット顧客にとって不愉快だから。

保険代理店業において一般的には、顧客は営業マンについていることが多い。
これでは経営にはならず顧客を守っていくことは難しい。
企業の顧客になって初めて経営になっていく。
企業のファンづくりは必須である。
評価される営業マンは企業のファンを作れることが基本であり、それ以外の独自の顧客を作る営業マンは評価に値しない。
安定的に企業のファンを作り、紹介を出続けるブランディングを構築する。
本格的に着手します。

旺信が企業として確立していくために上記2つを意識して、業界的に見てダントツ業績もクオリティーも突き抜けていこうと思います。