核になる志事!


最近、ビジネスの流れが急激に変わってきたように思う。
企業のコンサルティングの核心に触れてくると、保険単独で終える事が難しく、時間の振り分けが勝負になってくる。

現在は、様々なことを「現場」で体感し、解決策を模索していきながら、「ノウハウ」へと変換している最中である。
今後、国家資格者との「パッケージサービス」が確立すると、旺信は、5年前とは異次元の世界へと突入する。

昔から「メーカー」になれる事業の構築を模索していたため、「社会貢献度」の極めて高い今回のビジネス転換は、言葉に言い表しようのない期待感がある。

「企業」として「人」としての価値の提供が生き残りの勝負になる。
企業として「人材を人財へ育成できる」ことが、「核」になる「志事」になるのは間違いない。
企業ブランドと人を一致させるためにも、益々精力的に動き回らねば。