時代の変化!


企業において、下降線に入ったとしても対応できる財務力をつけることは必須である。
しかし、中小企業の中でどれだけの割合で「企業」として財務を考えられている「経営者」がおられるのか?

本来、事業というのは「コンセプト」に沿って「短期・中期・長期」で事業計画を立て、実行に移す。
メリット・デメリットを繰り返しながら右肩上がりにしていくことが経営者の役目だ。そのために専門チームを構成するのではないだろうか?

大手はこの時期、経営を立て直すことに必死だ。あらゆる角度から経営を見直し生き残りをかけて尽力している。
中小企業はどうだろうか?依存で生きていけるほど今の日本は甘くない。

景気が悪くなったときに攻めに転じることができる。そんな強固な財務基盤をつくっていける専門家チームが企業には必須条件である。