志事は止まらない!


朝から顧客である経営者へ状況確認の電話をしました。
企業努力では追いつけないレベルに達している企業もあり「是非、時間を作って欲しい」との依頼も。
誠意とプロフェッショナルの意志を強く持って対応させて頂きたいと思います。

こういう事態になると現金を持っている企業は断然強い。
現金を持つということは税金を払うということ。
どこに焦点を合わせて会計を見ていくか?
視点を定めることは大切です。

コロナ危機は決して偶然ではなく、似たようなケースは想定すべきであると。
そう考えると「リスクマネジメント」の領域は広くなる一方です。
今回の出来事は、今までの常識や仕組みを破壊する大きな出来事です。
だからこそ我々は「志事をしている」という自覚を持つ。
保険業に携わる者が持つべき意識だと思います。

明日も忙しい1日が待っています。
感謝です。
志事は止まらない・・・、というか志事は止められない(笑)
やり切ります!