必要なのは知恵だ!


今日、管下のある代理店に「喝」を入れに行った。
行動量が伴わず、考えてばかり・・・。
お勉強ばかりしても何も生かせず、何をやっているんだ。

まさかとは思うが、「褒められて伸びるタイプ」とか言うのではと心配になるほど「甘ちゃん」である。

バカみたいに勉強してやたら知識のある同業者や経済専門家らしき方々がいらっしゃるが、必要なのは「知識」ではなく「知恵」である。
難しい問題を簡単にしていく工夫をしていくことが「知恵」の始まりであり、自分自身が経験を積むことが必要となる。

使わなければ、ガラクタ同然の知識など役に立たない。

結果を出すことに四苦八苦していては、クライアントのコンサルティングで何を提供するというのか?自分の問題解決もできないのにどうやって「知恵」を授けるのか?

ビジネスは正直である。
今からは特に誤摩化してもバレてしまう。
だからこそ生き抜く工夫はとても大切である。