国家として・・・


今日は、ある企業の事業保険のご契約を頂いた。
契約書を作成後、今の日本について話題になった。
社長は、様々な団体に所属しており、今起こっている問題について意見交換が出来た。
国家観がない政党が頭になると、やっていることがちぐはぐになり、より悪化しているだけであるということである。
「その場限りのマニュフェスト」はことごとくひっくり返り、経済政策は後手に回り、外交では近隣諸国に馬鹿にされ、一体何をやっているのだろう。

こんなことを「自民党」がしていたら強烈なバッシングをしていただろうに、マスコミもおとなしい。
よく考えると民〇党は自民党の二軍みたいな人材。
だれが選んだのか?
もらえることを期待した超堕落した依存型国民を、日本の未来を夢見て戦争で亡くなった若者は、どう見ているのだろう・・・。

そんなことを考えたコミュニケーションだった。