個性は大切!


ここ5年近く、車は「レクサス」ということで、レクサスの応援団でありオーナーであった。(まだGS350があるのでオーナーだが)
今回、新型GSが発売されるということで、担当者から連絡があり、プレゼンを受け、WEBでいろいろ調べたが、結論から言うと、特別なブランドなのに「トヨタ」から抜け出せない。
割引もしない、下取りも低いだけど「レクサスブランド」の持つ特別なサービスに引かれて私は、賛同したのだが、「最近は、その辺がおろそかになっているのでは?」と感じることが度々。

そんな時にある方からのプレゼンを受け、BMWに決まった。実際に車を見に行くと「攻める」という私の事業コンセプトとぴったりの車があり、獲得したいマーケットが明確に伝わってくる。

我々の事業も当てはまるのだが、企業ブランドというのはとても重要で、会社名を新規が聞いた時に、瞬時に「どういう会社」で「どういうマーケットが対象」「何を提供しているのか?」と浮かばなければ成功路線に乗っているとは言えないのではないだろうか?

私は今でもレクサスは好きだし、日本の会社を応援したいのは、本心である。だからこそ、厳しい目見ていきたい。
レクサスが「トヨタを単に高級にしている会社」でないことを祈って今日のブログを終えたいと思う。