価値とお金


久々に「MacBook Air」を家に持ち帰った。
なかったこの何日間は不便で、この快適さは言葉では言い表せることが出来ない。
感性で動かせるこの道具は、切っても切り離すことができない「価値」となってしまった。

報酬1億円の代理店育成を目指してマネージメント業をしているが、私の中ではお金という存在よりも「価値」の進化が1億に及ぶかが「キー」だと思う。

お金の存在しか見れない経営者は、お金で沈むこととなり、「集中」するべき選択を誤ってしまうことも多々ある。
ビジネスとは「価値」の提供であり、お金の存在を優先して理念を後付けした昭和の遺産では、この21世紀を乗り切ることは困難となるだろう。

お金や財産を失った時に残ったのが「富」である。
表面的な利害関係で繋がった人間関係や自己利益のみで人を利用してきた者、財産や権力が自分の存在価値だった者・・・。
それらがすべてリセットされたら「弱さ」を露呈することになる。

私は「富」の追求と共に、「人間力」の向上を人生/ビジネスの目的として、日々を楽しんでいきたいと思う。