住宅を・・・


今日は、午前中にクライアント様からのご紹介で3回目の面談をした。ご主人は、ライフプランを自分で立てて、きっちり計算をされており、個人コンサルティングするにあたって、中々、面白い話であった。
弊社管下代理店にも「爪の垢を煎じて飲んで」頂きたいものだ。

話の中心は、住宅ローンである。
このブログで、何度も住宅取得は、ゆとりがなければするものではないと言っている。
ローン=借金 
この借金を35年もかけて総額(取得価格×1.5倍)払っていくのだ。
もし3,000万円の物件だったら1.5倍だと4,500万円。
35年もしたらただの老朽化した要メンテナンスの古い物件に変わる。
住宅ローンを払い終えても自分の物にはならない。
なぜなら、固定資産税は払い続けるからだ。
35年もすれば、土地の価値しか残らないこの高価な消耗品をご両親をはじめ、友人、国、金融機関、住宅会社が皆、賛成票を投じてくれる。
ましてやスーツを着た金貸し屋(またの名を銀○)は、当たったことのない投機まがいの説明で「変動型金利」を勧めて、「今」ローンを安く貸せるようにお客様をコントロールする。
金利が一番低いということは、株で言えば「最高値」を意味する。
最高値の株を買ったら、いつ下がるか心配になりませんか?
ましてや銀○さんが流行らした金融商品で結果、儲かったことって、皆無に等しいと思いますが・・・。
住宅ローンは家賃ではない。「借金」である。
給料の3分の1以上をローンが占めてしまったら、学資・老後がかなりヤバい状況になる。
「目先のお金がないから、将来のことなんて考えられない」
こういう方に一言、言っておきたい。
「だから、あなたは家を購入してはいけなかった方なんですよ」と。
3,000万円の物件を35年ローンで払うと金利にもよるが総額おおよそ4,500万円。
土地の価値が35年後に1,000万円あっても3,500万円の掛け捨て。

なぜ、この消耗品を皆が肯定するのか、かなり疑問である。
すぐ保険は叩かれるのに・・・。

ローンの重みを感じたら「プランニング」の重要性が明確になるはずだ。
「変動型金利」で家を購入された方が、何事もなくローンを払い終えることを祈るばかりである。