今も通じる・・・


武田信玄で有名な「風林火山」。

疾きこと風の如く
徐がなること林の如く
侵略すること火の如く
動かざること山の如く

敵を襲う時は風のように速く
林のように静かにチャンスを待ち
侵略する時は燃えさかる火のように激しく
山のように落ち着いて対応する

事業を行う上での基本が詰まった考え方ではないでしょうか?
社会の仕組みを知れば知るほど、この国に依存はできません。
自立をしてビジネスを展開していくことが生き抜くために必要なこと。
ピンチが来ようと来まいと「前に」進めていくことのみ。
風林火山の考え方をもっと深掘りして実践してみたいと思います。