マネージャー業におけるブランディング!


マネージャー業のコンセプトがやっと明確になった。

「1億円手数料を稼ぐ代理店製造スクール」

そもそも代理店で独立するのに、なぜ、独立支援金なるものがいるのか?
私が始めた頃にはそんなものはなかったし、工夫してスタートダッシュをした。
しかし今は、社員の延長線上で代理店業をとらえている方が多く、「そんな小さい次元でとらえるなよ」と言いたい。

外務員レベルと代理店業が同じなら、私はとっくの昔にやめている。
元々のセルフイメージが低いうえに「売る」ことだけを教えられた企業の「駒」では、得られるのは微々たる収入だろう。
1,000万円でもすごい。
1億円なんて夢のまた夢。

代理店業は一億円突破も可能だし、そこに向けての傾向と対策を持っているかがキーになる。
代理店報酬1億円以上の価値を、自らが中心となって動かす志事からしてみればMDRTなんてすごくもなんともないのだ。

頭がいいから東大に行けるのではない。
社会の仕組みを知った時に、どこに行けば、社会で優位なポジションでビジネスが出来るのかを熟知した人間が「自ら」選択し、傾向と対策に従って集中して取り組んだのだ。

それと同じ。
この業界を見てもビジネスチャンスはゴロゴロしている。
大した業界でないことは事実だ。
1億円のビジネスの価値を理解した時に、優先順位がガラッと変わり、「集中と選択」ができる。
セルフイメージの低い会社員をビジネスマンとしての教育をし、結果が出せるように導ければ、大量に実力のあるコンサルタントを世の中に輩出できる。

そのためには、どういう人材をスカウトすれば1億円まで到達するのかも、見えてきた。
少なからず、「前の職場よりも条件がいいから」という方は、スカウトをしてはいけない種だろう。
「1億円ビジネスにチャレンジしたい!」
この意欲を持った人間がそこに向けての切符を手にする。

「1億円手数料を稼ぐ代理店製造スクール」

業界を変えるには素晴らしいコンセプトだと思う