プロと専業


プロは専業であるのが条件である。
ある企業で独立の条件は、専業であること。
当たり前と言えば当たり前なのだが、これが当たり前に出来ていないから、うまくいかない人間がいる。

現在のような不況の時代は、プロは人気が出るが、サークル感覚で「テンション」で仕事をしている方は、全くと言っていいぐらいマーケットから必要とされていない。

旺信の仕組み上、プランナーは「のれん分け」のような感覚がある。それぞれがプロ契約であり、旺信の企業理念・コンセプトに合わない質・実績の場合、厳しく指導する。
「なあなあ」の関係では、お客様に満足して頂くことに全力を注がないからだ。

チームで数字を一つにすれば、個々の質・実績を誤魔化す。
だから旺信は、個々の質・実績が旺信の質・実績なのだ。

この条件を満たすには、志事に集中できる専業でなければ、「プロ中のプロ」にはなれないだろう。