ブランド体験を意識した・・・


名刺と個人コンサルティング用ホームページの改訂を近々に行う。
コンサルタントの技術を必要としているマーケットに向けて、メッセージ色の強いツールが出来上がった。
今回は、ターゲットをしっかり定めてブランド体験を意識しているため、いろいろな角度から分析できるようになっている。

今からは独自性を出し、「中立」というありえない逃げ口上ではなく、顧客が手数料を支払う価値をいかに提供するかがキーになる。
そのブランド力こそが企業の「価値」、つまりは「財産」になる。

私は今後も業界に染まる気はなく、常に「人の価値」を追求し、今よりもベターな企業作りをしていこうと思う。