スケジュールと実績


世の中には結果を出すための色々なスキルが出回っているが、私は、スケジューリングがすべてだと思う。
ただ埋めるのではなく、新規のプレゼンに向かうスケジュールがどれだけ埋まっているかで結果が決まっているのではないか?

作業ばかりに時間を費やしたり、暇だったり、これでは何も成果は生まない。
私がお客様の立場だったら、暇な営業マンからプレゼンを受けようとは思わない。
紹介が出ない中途半端な営業をしているからだ。つまり「人気がない」。

営業マンは自分自身を流行らせる努力がいる。
どうやったら自分のマーケットに認められるのか?
頭だけ使っても駄目、行動だけしても駄目!
頭をフル回転させて、これでもかというくらい行動して初めて大きな一歩を踏み出すものだ。

仕事が「楽しい」次元では、アマチュアだ。「面白い」になってプロとして目覚める。
そのために、スケジュールを埋めて「志事」に没頭することは、数多くの「面白さ」に気づく機会を得ることになる。