ちょっと考えてみた!


今日は、天気予報では雨だったのだが、いい天気になった。
1日ということもあって、妻と一緒に「氏神様」をお参りして、日頃の感謝参りをさせて頂いた。

その後、事務所で明日の面談に備えて、損保事務と打ち合わせをして、早々と切り上げた。
資格試験も近づいているのだが、相変わらず興味のない、「非実践向き」の事柄ばかりを勉強している。
「資格」を持っているから、「プロ」というのはかなりずれた判断基準であり、やはりどれだけの「場数」と「問題解決」をしてきたかが問われるのではないだろうか?
そして、ちゃんと売り上げを毎年伸ばし続けているか?

損保は守るしか能がなく、攻めると言えば値引き合戦。
全く持って頭を使わず、いらぬ気ばかり使う始末。
プロの立ち位置を理解しておらず、これでは、顧客満足度と収益性がリンクしない。
私が消費者であれば、「?海上の?です」と保険会社の名前で仕事をしている方々のお世話にはならないと思う・・・。
こんな質問を返したくなるからだ。
「?さんは、?海上さんの社員さんですか?」

損保の文化になじめない私がおり、いつか分社化しようと考えている私がいる。
専門分野で集中して責任をもって取り組んだ方が業績を伸ばせるような気がしてならないからだ。
あくまでも構想である・・・。