この方々は・・・


法人税引き下げと相続税引き上げで決断したとかしないとか・・・。
金持ちから取って何とかしましょう的な考え方に、どうしようもない脱力感を感じる。

金持ちがこの国に必ずしもいないといけない理由がなく、稼がない「くれくれ民族」が多数を占めたらどうなるのか?
国会議員をコンサルティング出来る人間はいないのか?
そっか、コンサルティングされないといけないような人間が国を動かしてはいけないんだ。
なってはいけない人間が国を動かすって、不思議である。

諫早問題も何を示したいのかはっきりしない。

史上空前の少子高齢化にどんどん加速する中、資産も食いつぶし、無駄な時間を費やすばかりだ。
自分の威信という「小さな得」より、国の存続・繁栄に人生をかける「大きな徳」を選択出来る人間に国を動かしてもらいたいものだ。