「案」を具体化、そして・・・


経営なので大きなビジョンを描く!
小さいビジョンしか描けない経営者は経営者に向いていないと個人的には思っています。
そしてそれを実現するために具体的な戦略を立てていく。
ここで重要なのが、投資と浪費をはき違えないこと。
そして独自性と自立できていること。
売上が上がっても利益が上がらなければ、単なる遊び。
だからこそブランディングは重要だと感じる訳です!

ビジョンだけ描いてもそこに意味はない!
達成してこそ「成果」のプロセスを創り出すことができる。
時間は限られているため、時間の投資を無駄にすることは許されません。
「案」→「具体化」→「付加価値」・・・。
やる気が出てきました(笑)