69回目の誕生日


今日は、私の父親の69回目の誕生日であった。
家族で食事ををしたのは本当に久しぶりで、和やかにお祝いすることができた。

私は日常、忙しくしているため、親の年齢を数えることがなかったが、改めて年齢を聞くとずいぶんと年を重ねたものだと感じる。
父親の仕事量は相変わらずハードで、情熱も冷めるどころか熱くなる一方である。

親が生きているうちに、私は「ビジネスマン」として親孝行していこうと改めて誓った!