鼠径ヘルニア・・・


左下腹部に違和感があったためインターネットでいろいろ調べて見たら鼠径ヘルニアの症状がぴったりと・・・。
早速、鼠径ヘルニア専門のクリニックに予約を。
鼠径ヘルニアの手術を4,000例以上あり、人気のクリニックです。
受付から看護師まで徹底された「温かい接客」が印象的です。
症状を伝えた後、エコーで調べると何と!

左右鼠径ヘルニア(笑)

右も!(笑)

左は分かりますが、違和感のない右もあったとは!
両方手術することで決定しました。

専門医で調べると病名を早く特定でき、完治までのプロセスが見えてきます。
我々の業界と通じるものがありますね。
個人8割、法人2割の代理店が法人の問題を特定できるのか?
専門性が最も問われるのですが「保険を売る知識」以外は備えていないような・・・。
何が専門なのか?
どれだけのプレゼンをしどれだけの顧客を保有していてどれだけの問題を解決してきたのか?
マーケットにわかりやすく事業内容を示すことは大切です。
現に私も鼠径ヘルニアに絞ってクリニックを選択している訳ですから。

スケジュールが詰まっているため、12月中旬に手術予定。
手術時間は140分、寝ている間に終わる日帰り手術。
保険の請求がしやすいように「病名」「術式」「Kコード」を記載した用紙も準備されており素晴らしい配慮です。
何とか今年中にスッキリして終われそうです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)