習慣の差


今日は、珍しく業界でも優績コンサルタントの方とランチをした。
いろいろと話をしていくうちに、挙績があがる人と挙らない人と何が違うのかというテーマになった。
結論から言うと、「習慣の差」が大きいということだった。

マインドが低い人間が考えることは、例えば「マイペース」「楽して・・・」「分からないからできない」などという「怠ける習慣」を守って、得たいものは得たいという「都合が良い」ことばかりである。

労働の考え方一つ見ても、いかに成果を残す行動をしたかを考えて、「量」をこなして行くのだが、「これをやりました」的な作業を持って、やったつもりでいる人間も多い。

「出来るまでやる!」「出来たらさらに上を目指す」
この習慣がある人間は、成長が早い!

私は、自分の労働に限界をつけようとは全然思わない。
なぜなら、我々を求めている方々がおられる限り、「期待を越えるコンサルティングサービス」の提供が使命だからだ。

今日のランチは非常に有意義な時間を過ごすことができた。
プロと話をするといろいろと学びがある。
時間を下さった有田さんには、心から感謝したい。
ありがとうございました。

明日は社内会議!ピリッとした会議にしようと思う。