消費税法案!


今日、消費税法案がとおった。
賛成派も反対派も指針を持って意思を表明したのだろうか?
あらゆる利権が絡み合って構成されている国会議員の皆様方に「日本の未来」を託す気がしないのは過去の経験か?

国家があるから国民がある。

これは私の国家観である。なので税金を払うのは当たり前と思うが、理にかなった仕組みを作らないと、今の数々の駄作が未来の日本に巨額の負債を残してしまう。

税金/その他コストは諸外国とは比較にならない程高く、更には、労基法においては、労働者側に偏り企業の体力を奪うものばかり。
企業が発展しなければ、従業員を雇用することなどできるはずもないのに、本当に経済を立て直そうと真剣に考えているのだろうか?

金持ちを批判して、怠けている者を保護していて大丈夫だろうか?
そんなことを考えていると、何かに依存している企業/人は、世の中の状況などに大きく左右され、自立して常に変化できる企業/人は、生き残る率が高いのではないかと結論づけられる。

国民も国家の為に身を削るのも大切だろう。

「未来の日本の為ならば・・・」