価値の交換!


マーケティングの基本概念は「価値の交換」である。
企業側が消費者に向けて商品やサービスを送り出した際、消費者が価値だと認識すればお金を対価として支払う関係性を指します。
消費者の価値のレベルはインターネットの普及により上がっていく一方。
それを企業側が理解できなければ衰退へと向かうのは当然でしょう。

対顧客との関係性をいかに密に保っていくか?
そう考えると契約数が増えれば増えるほど関係性が薄れていく個人マーケットは、死のマーケットに見えてくるのですが・・・(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)