今日長崎から・・・


今日、長崎から帰ってきた。
内容が濃かった為、少し疲れも出たが、これも「心地良い」感じだ。
この2日間、個人事業主・法人様・個人クライアント様と多岐に渡るコンサルティングだった。
そして、コンサルティングが終わって言われる共通の言葉が、「旺信さんって何屋さんですか?」出てくる。

コンサルティングを始める前に、必ず弊社の事業内容等の説明をさせて頂くのだが、お客様は、「保険屋さんの話を聞く」という姿勢で臨まれていることが多い。
理念が「貢献なくして繁栄なし」、そしてお客様にコンサルティングをする時は「問題解決」をする事を軸にしている。
なので保険は、売りに行っているのではなく、問題を解決する手段として活用している。そういう風に考えると様々なプロフェッショナルのブレーンと共に、「起こりうる問題に挑む」ことは当たり前で、当然保険を扱うプロとしての専門性・実績は重要なことである。

お客様の問題に対して、的確に情報を伝達し、解決プランの提供をすることに集中していたら、「何屋さん」と言われることが多くなった。
「顧問料・相談料は、おいくらお支払いすればいいですか?」
こういった言葉を頻繁に頂くが、本当にありがたいことである。

これからも「コンサルティングの旺信」としてのブランド強化(=コンサルタントの能力アップ)をしっかりしていこうと思う。