世界のトヨタ!


今、世界のトヨタが窮地に立たされている。
これだけ波紋が広がったということは、やはり「世界のトヨタ」であるということだ。
しかし「ものづくり」という観点でみた時に、繁栄とともに大切にしなければならない基本を置いてきたことは事実だろう。

今回のアメリカのクレームは、アメリカ国内における製造業がいかに衰退しているかを露呈している。
どんな運転をすればそんな加速をするのか?なぜ、日本ではガンガン乗っているのに例が出て来ないのか?
こんな言いがかりをつけないとアメ車が売れないアメリカ国内の製造業に未来があるのだろうか?

そこまで言うなら、アメリカ発の金融恐慌は世界中に「経済的な死」を振りまいた事実はどうする。このことに対して、世界中に弁明してまわれよと言いたい気分だ。

日本のマスコミも自分がどこの国の人間かわかっていないため、チンプンカンプンな報道ばかりだ。
心から思う。トヨタには是非、頑張って頂きたい。負けるな!