ブランディングの重要性!


最近、業種を問わずブランディングの重要性が問われるようになりました。
物・情報があふれている状況でライバルではなく、自社を識別されるようにする。
しかもマーケティングの観点でターゲットを定めて。

顧客のブランドイメージを予測し、どういう「反応」を起こすのか?
反応を変えるためにコントロールすべき刺激を構築するすること。
顧客への視線が第一だからこそ成り立つ手順。
営業ができる方は、なぜ今の結果が出ているのかを説明できる方が少ないと思われます。
だからこそスーパーセールスマンの共通の悩みは、後継者なのだと思います。

ブランディングによって、社員全員がブランドから見た顧客貢献を考えるようになる。
各々にとって良かれと思うことをやっても、ブランドは作られません。
見えないことを見える化。
見える化したものを軸にシステム化。
誰でも自発的に動ける仕組みで、企業体として自己成長できる。
ブランディングがいかに重要か?
経営者であれば必ず理解できる種目であることは間違い無いでしょう。