スクール★ウォーズ


久々に観ました。

物語の中で滝沢先生が
「ラグビーは人生そのものだ。ボールに対する執着心が勝利を呼ぶように、最後まであきらめない執着心が人生には必要なんだ!」と生徒に伝えているシーンがあります。

熱くなりました!

数多くあるスポーツの中でもラグビーが一番、生きていく上で為になるのではないか?
これは私見です。
精神性から考え方・判断力・団体意識まで、生きていく上で重要な重要な要素が詰まっている。
亡くなられた平尾誠二さんは自らの原点を次のように語っています。

「僕らが鍛えられたのは理不尽だと思う。理不尽によって鍛えられたという自負がある。」

深いです。

高校時代の経験がその後のクリエイティブな発想に繋がっている。
私はとても大好きな選手でした。
冷静に状況判断し、的確に指示を出し戦略通りに人を動かす。
そして結果に結びつけて信頼を得る。
早くにして亡くなられたことが残念です。

私は冷めたルールだらけの組織よりも、個性があり一つの目的に対して自由にクリエイティブに突進していく組織の方を好みます。
もちろん自由には責任があります。
責任を放棄する人罪の集まりは結果を出すことはおろか、衰退の一途をたどります。
だからこそ個性を持った人財は重宝するのです。

「1人はみんなのために、みんなは1人のために」
一人ひとりがチームのために己を捨て、各々の責任を全うしてこそ初めて勝利がうまれてくる。そのために最も必要なものは勇気である。その勇気の源は使命感であり、仲間への連帯感。使命感と仲間を信じる心から奇跡は生まれてくるのだ」

この精神は企業においての人づくりの基本ではないでしょうか?

久々に観たスクール★ウォーズでハートに火がつきました。
奇跡の起点は自分。
明日からハードなスケジュールです。
一瞬に全力を懸ける!
燃え尽きるまで走り抜けます!